専門家と連絡を密に取る

個人再生の申し立てをするには、いくつか注意点があります。

 

個人再生は専門家に

個人再生の申し立てをする際、費用面を心配して自分で申し立て手続きをしようとする人もいますが、費用対効果を考えれば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがおススメです。

 

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、面倒な手続きは全てお任せで、自分は変わらず日常生活を送ることができるのですから。

 

自分でやらなければならないことも

しかし、専門家に依頼をしたら債務者の役割はそれで終わり、というわけではありません。必要書類の中には自分で用意しなければならないものもあります。

 

消費者金融との契約書や取引履歴があれば、それを提出するのがいいでしょう。

 

専門家とは連絡を密に

専門家も、債権者や裁判所との手続きや交渉において、債務者に質問したいことや相談したいこともあるでしょう。そんな時、取り立てを恐れて電話に出ないというのはいけません。

 

そもそも、個人再生の申し立て手続きを専門家に依頼をすると、債権者から取り立ての連絡はできないので安心してください。

 

途中で過払い金が出た場合など、方針転換を考慮しなければならない事態も想像され、そんなとき連絡が取れないといつまでたっても個人再生が進みません。

 

支払いがずっとできないと借金が返せないとどうなるかと不安になるものです。そんな不安を払拭するためにも、早いうちに相談をしておくと良いでしょう。