住宅ローンはそのまま支払う

数ある借金の中で、最も重荷となる借金といえば住宅ローンでしょう。借りる金額がけた違いですので、いくら低金利とは言ってもその額は相当なものです。

 

個人再生における住宅ローンの扱い

借金の中で多くを占めることの多い住宅ローン、せっかく個人再生をするならば住宅ローンも圧縮してほしいと考える人も多いでしょうが、そうはいきません。個人再生の原則として、「住宅ローンはそのまま返済し続ける」というのがあるからです。

 

他の債務と住宅ローンの決定的な違いとして、もし住宅ローンを圧縮した場合を考えてみましょう。

 

住宅ローンを組む際には、保証人も必要となりますが、購入する住宅を担保として設定します。住宅ローンは、返済を継続する資力がないと判断された場合、ローン会社から一括返済などを要求される場合もあり、それができないと住宅を取り上げられてしまう可能性があります。

 

個人再生をして圧縮すると、それだけで「返済を継続する資力がない」と判断されかねないので、住宅ローンはそのまま支払い続けなければなりません。

 

住宅ローン特則

住宅ローンに関しては、個人再生手続きの中に「住宅ローン特則」が設定されています。

 

この特則があるため、個人再生をしても住宅を処分されることはありませんので、安心して返済して下さい。

 

特殊な手続きとなる個人再生は、自分ひとりで進めるのは難しいです。借金がキャッシングの支払いもある場合には、専門家への相談を行うべきです。