個人再生をする人に過払い金が見つかったら

一時期、消費者金融の中には違法な金利でお金を貸していたケースがありました。それはヤミ金にとどまらず、真っ当な消費者金融でも見られたことですが、後者の場合にはいわゆる「グレーゾーン金利」の範囲内でお金を貸していたことを言います。

 

グレーゾーン金利とは、「年20~29.2%の金利」で貸付を行なっている際の金利で、子の貸付によって支払いすぎた利息のことを「過払い金」といいます。

 

最近、テレビでも「過払い金返還請求」という言葉、よく聞きますよね。

 

 

多額の過払い金があった場合、個人再生から任意整理へと方針転換も

では、個人再生を考えている人に過払い金が発生していることが分かった場合、どのような対応になるのでしょうか。

 

まず、個人再生をしている人でももちろん過払い金返還請求はできます。返還された過払い金は債権者のもとではなく、債務者のもとに来ますので安心してください。

 

過払い金の金額によって、個人再生の方向性は大きく変わってきます。

 

もし過払い金が多額であれば、それで借金を完済できる可能性も高くなります。個人再生の申し立てをするには「支払い不能の恐れがある」という条件があり、過払い金が多額ですとこの条件には該当しません。

 

個人再生の申し立てはできずに任意整理へと方針転換する可能性があります。任意整理は手続きの進め方も変わってくるので、詳しい内容は任意整理の良さと悪さで見ておきましょう。

 

過払い金が少額の場合は引き続き個人再生

過払い金の金額が少額であれば、引き続き個人再生手続きは可能です。少額であればそれで借金を完済できる見込みもありませんので、「支払い不能の恐れ」の可能性は残っています。

 

その際、過払い金はどのような扱いとなるのかというと、個人再生の申し立て時に報告する「清算価値」に過払い金が付け加えられることになります。それでも、債権者にもとに過払い金が渡ることはありませんので、安心してください。

 

過払い金と個人再生の相性の良さ

先ほどから「債権者のもとに過払い金が渡ることはない」と強調していますが、同じ債務整理でも自己破産だとこうはいきません。自己破産の手続きを検討している人に過払い金があった場合、それは債務者の手元には渡らずに債権者への配当に充てられてしまうのです。

 

個人再生は、過払い金は債務者の手元に戻ってきますので、それをどう生かすかは債務者次第です。

 

このお金を弁護士や司法書士などの専門家への支払いに充てるもよし、今後の生活の元手とするもよしですが、くれぐれもギャンブルや浪費などでは使わないでください。

 

どちらにしても返済ができない、支払いができないなら、早めの相談が必要です。問題を大きくしすぎる前に借金が支払えない場合の対処法を調べておくと良いでしょう。

2016/02/01 17:54:01 |
個人再生をすると、大きな借金減額効果があります。消費者金融からの借金やクレジットカードのキャッシング、その他数多くの借金を減額する効果があるのが個人再生のメリットです。税金は減額できない借金の中に市民税や県民税、固定資産税や所得税などの税金が含まれている人は、どうせならば税金も個人再生で減らしたいと考えているかもしれませんね。しかし残念ながら、税金は個人再生による借金減額の対象とはなっていません。これは個人再生だけのことではなく、任意整理や特定調停、そして究極の債務整理である自己破産をもってしても税金を債務整理することはできないのです。ちなみに住宅ローンについては、個人再生の中に「住宅ローン特...
2016/02/01 17:54:01 |
数ある借金の中で、最も重荷となる借金といえば住宅ローンでしょう。借りる金額がけた違いですので、いくら低金利とは言ってもその額は相当なものです。個人再生における住宅ローンの扱い借金の中で多くを占めることの多い住宅ローン、せっかく個人再生をするならば住宅ローンも圧縮してほしいと考える人も多いでしょうが、そうはいきません。個人再生の原則として、「住宅ローンはそのまま返済し続ける」というのがあるからです。他の債務と住宅ローンの決定的な違いとして、もし住宅ローンを圧縮した場合を考えてみましょう。住宅ローンを組む際には、保証人も必要となりますが、購入する住宅を担保として設定します。住宅ローンは、返済を継続...
2016/02/01 17:54:01 |
個人再生の申し立てをするには、いくつか注意点があります。個人再生は専門家に個人再生の申し立てをする際、費用面を心配して自分で申し立て手続きをしようとする人もいますが、費用対効果を考えれば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがおススメです。弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、面倒な手続きは全てお任せで、自分は変わらず日常生活を送ることができるのですから。自分でやらなければならないこともしかし、専門家に依頼をしたら債務者の役割はそれで終わり、というわけではありません。必要書類の中には自分で用意しなければならないものもあります。消費者金融との契約書や取引履歴があれば、それを提出するのがい...